●超拡散希望《ヘイトスピーチ法案等法律ができる根本を知ることが大事》

2016年06月11日 16:44

●超拡散希望《ヘイトスピーチ法案等法律ができる根本を知ることが大事》



■いまヘイトスピーチ法案に対する軋轢が勃発して、大変なことになっていますが、
西田参議議員は所謂「人権擁護法案」が通りそうになっていたとき、
戸井田さんや馬渡さんたちと連携して阻止した功労者でした、

この度の「ヘイトスピーチ法案」は、罰則規定の無い欠陥法であり、
「法と証拠」に基づいた批判であれば、なんら規制されることはありません。

保守活動家の中で過激な「差別用語」を連発する人物は、
敵対する側から「保守分断」を策して送り込まれた「スパイ」と
判断する冷静さが必要なのです。

現在、「反日法案」は、
仮に中川昭一政調会長や高市早苗政調会長の時代であれば、
200%通らない「法案」だったのです。

巨大与党が反対する法案は、法律になることはありません。
法律は、自民党の政調会の承認のあとに総務会の承認も必要ですあり、
政調会で「法案」が流れるとその時点で、なかった事になります。
仮に政調会で「法案」が通っても、総務会で潰れることもあります。

この度の「ヘイトスピーチ」法案は、稲田政調会長と二階総務会長が、
反対する姿勢であったなら「法律」には成らなかったでしょう。
ここがすべての原点なのですが、それを理解していない方があまりにも多いようです。

冷静に考えて行動していただく事が大事です。

これからの保守活動の基本は、
常に「法と証拠」を前面にだして闘う姿勢が大事なのです。
チーム「みつばち」の皆様方は、外野の声に惑わされる事なく、
心に余裕をもって冷静沈着に淡々と「法と証拠」を拡散することに徹していただければ、
結果を自ずとついてきます。

大騒ぎしても、そんな簡単に結果はでません。
結果をだすには一に証拠二に証拠ですので、
「証拠」をいかにして「拡散」できるかに知恵を絞ってください。

宜しくお願い致します。



◆「歴史戦ポストカード」を使用して教育委員会等に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2229.html


※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/





▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】


《アマゾン(書籍版)》








《アマゾン(電子書籍版)》






★平成27年4月28日の主権回復の日から1000日を目処に、
覚醒されていらっしゃる皆様方に協力していただき
「日中・日韓」の歴史認識問題を終結させますので、
是非、「やまと新聞動画会員」(月額324円)の登録を、何卒宜しくお願い致します。
また、「水間政憲の国益最前線やまと新聞ライブ放送」を
継続するためにも登録をお願いする次第です。

やまと新聞インターネット放送;
毎週日曜日午前9時から1時間;
番組名【やまと新聞;水間政憲の国益最前線レポート】
http://ch.nicovideo.jp/yamatoshinbun



※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。