●緊急拡散希望《東京書籍等から「金品」を貰っていた北海道の教職員489人中116人が教科書採択に直接関与していた;2月18日北海道教育委員会発表》

2016年03月14日 08:32

●緊急拡散希望《東京書籍等から「金品」を貰っていた北海道の教職員489人中116人が教科書採択に直接関与していた;2月18日北海道教育委員会発表》


■インターネットが急速に発達した現在、
2月16日に開催した「明るい日本を実現するシンポジウム」は、
予想していた参加は得られませんでしたが、
御参集いただきました皆様方には深甚の敬意を表します。

教職員贈収賄事件ニュースは、
現在、自民党議員の「ことば」狩りに血道をあげているマスメディアは
報道しないでしょうが、たまたま所用で北海道に来ましたら、
18日深夜のローカルニュースで
「東京書籍等から『金品』を貰っていた北海道の教職員489人中116人が
 教科書採択に直接関与していた」と報道していました。

覚醒されていらっしゃる皆様方は、
すぐに戦後最大の教職員の贈収賄事件に発展する大問題だと
察知されたことと存じます。

東京書籍等は、直接採択に関わっている教職員のリストは勿論、
それ以外の教職員も元採択に関わっていた人物や採択に
影響力を行使できる実力者等のリストを持っていることは常識の範疇です。

保守国民は、日教組が「教育界のガン」との認識をお持ちでしょうが、
日教組創設の母体になったのが北海道教職員組合でまたその母体になったのが、
小樽教職員組合だった図式になっており、戦後、
北海道教職員組合が日教組を指導する立場だったことがすべてを物語っています。

小樽の居酒屋では、
「日教組が落城し北教組が落城しても小樽教組は最後まで闘う」等と、
日教組発祥の地の「気概」を語るバリバリの教職員は今も健在です。

故町村信孝衆議院議員の対抗馬として民主党から出馬していた
小林千代美元衆議院議員も、
北海道教職員組合からの金銭問題で議員辞職したのであり、
今回の東京書籍等の「金品」が教職員を迂回して
資金や反日活動に悪用されている可能性は否定できないのです。
また、国連等の国際会議に参加して「日本を貶めている」連中も
資金に余裕がありそうで、
教科書会社の賄賂が迂回資金にもなっている可能性もあり、
徹底的に東京書籍等反日教科書会社を糾弾する必要があります。

南京問題も慰安婦問題も朝日新聞が火をつけ、
その後に「教科書」に記載されるようになってから、
中国や韓国が騒ぎたてて現在に至っているのであり、
諸悪の根元は「朝日新聞」と「教科書」に行きつくのです。

教科書採択の現場での贈収賄事件がNHKで報道され、
一番悪質な教科書会社は、「南京虐殺事件」があったと、
どぎつく記している巨大教科書会社(教科書会社の朝日新聞のような存在)の
東京書籍だったのであり、今この千載一遇のチャンスを逃したら、
二度と教科書採択を激変させられるチャンスは訪れないでしょう。

◆文科省によると、閲覧が最も多かったのは
北海道の516人、大阪府475人、東京都435人と続いた。
北海道では最大手の東京書籍など3社が延べ489人の教員に
謝礼を渡していたことまで、明らかになっていました。
このことから類推すると、反日教科書の采配に最大の影響力を持っているのは
北海道だとの推論が成り立ちます。と言うことは、
教科書の内容等に北海道の教職員が口出し出来ないようすれば、激変させられる可能性があるのです。

◆それが昨日、北海道のローカルニュースで、
「金品」を貰っていた北海道の教職員489人中116名が、
直接教科書採択に関わっていたと報道してましたので、
歴史戦ポストカードを使って東京書籍等を徹底的に追い詰める作戦は、
ドンピシャのタイミングになりました。

※南京問題も慰安婦問題もすでに国際化しているのであり、
いまさら百も承知のオピニオン誌の読者に、
繰り返し言論人が「愚痴」を述べていても結果をだせないことは、
皆様方も認識している通りです。

長く現場を見てきた者には海外に発信できる「武器」が必要であり、
そこでつくられたのが「南京歴史戦ポストカード」(日英中対訳)と『慰安婦の真実』(日英対訳版;なでしこアクション刊)なのです。

※2月16日のシンポジウムで
「慰安婦問題反証小冊子」(日英対訳版;なでしこアクション刊)を
1000円で頒布しましたが、30冊残りましたので、「南京歴史戦ポストカード」とセットにして先着30名様に特別価格にて頒布します。


◆「南京歴史戦ポストカード」(1セット)と
「慰安婦問題反証小冊子(日英対訳版)」(1冊)を2800円にて発送します。

★尚、申し込みいただいても30冊の「慰安婦日英対訳版」在庫がなくなり、ブログ「水間条項」にこの特別頒布は終了しましたと記事が出せるまでの時間差で、予定通り小冊子を発送できない皆様には、小冊子のかわりに「南京歴史戦ポストカード」を1セットプラスして、2セットにして発送しますので、ご了承ください。

※申し込みされる方は、必ず送り先の住所氏名を通知して下さい。

■■申込み受付銀行口座■■

●【ゆうちょ銀行】

◆「ゆうちょ銀行」受取人口座番号:
記号「10090」
番号「61807841」

◆受取人なまえ「ユウゲンカイシャ オフィスゾン」

★【日本郵便(ゆうちょ銀行)の窓口】で振込む場合は、
備え付けの用紙『電信振込み請求書・電信振替請求書』に、
上記と御自身の必要事項を記載されましたら、
必ず用紙の下の欄にある「受入明細通知」欄の四角の中に「1」と記入してください。

(※「1」と記入されると住所と氏名が「オフィスゾン」に通知(郵送)されて来ることになっております)


★【日本郵便(ゆうちょ銀行)の『ATM』】からカードか通帳で振込む場合は、
◆ゆうちょ銀行
◆受取人口座番号:記号「10090」番号「61807841」を入力し
◆「ユウゲンカイシャ オフィスゾン」が表記された後に
【通信文入れますか】と表記されましたら【はい】を押してください。
またその後の画面の【通知(郵送)のみ】を押していただくと、
「オフィスゾン」に住所と氏名が郵送されて来るようになっております。

◆尚、住所・氏名は大事な個人情報ですので、
名簿は代表者の水間政憲が直接管理しますので御安心ください。

■【住所・氏名の通知を忘れた方にお願い致します】

住所・氏名の通知を忘れた方は、下記のいずれかに振り込み月日を記載して、
【明るい日本を実現するプロジェクト】宛てに通知してください。

◆〒166-0001

東京都杉並区阿佐ヶ谷北5-4-20 オフィスZON(存)

◆FAX番号:03-3339-7447(※午前中か午後7時以降)


●ゆうちょ銀行以外【三菱東京UFJ銀行】


◆有限会社オフィス存(ユウゲンカイシャオフィスゾン)

◆【阿佐ヶ谷支店】店番156


◆普通;口座番号1129256

◆必須【住所・氏名の通知は下記に必ずお願いいたします】
《振り込み月日と申込口数を必ず記載して【明るい日本を実現するプロジェクト】宛てに通知してください。》


◆【はがき】〒166-0001

東京都杉並区阿佐ヶ谷北5-4-20 オフィスZON(存)

◆【ファックス】FAX番号:03-3339-7447(※午前中か午後7時以降)


◆メールは妨害が酷くなり受信を強力に排除する設定にしましたので、
御不便をお掛けしてますが、ハガキかFAXで連絡してください。


◆「歴史戦ポストカード」を使用して教育委員会等に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2182.html


※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/





▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】


《アマゾン(書籍版)》








《アマゾン(電子書籍版)》






★平成27年4月28日の主権回復の日から1000日を目処に、
覚醒されていらっしゃる皆様方に協力していただき
「日中・日韓」の歴史認識問題を終結させますので、
是非、「やまと新聞動画会員」(月額324円)の登録を、何卒宜しくお願い致します。
また、「水間政憲の国益最前線やまと新聞ライブ放送」を
継続するためにも登録をお願いする次第です。

やまと新聞インターネット放送;
毎週日曜日午前9時から1時間;
番組名【やまと新聞;水間政憲の国益最前線レポート】
http://ch.nicovideo.jp/yamatoshinbun



※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。