●緊急拡散希望《衆参ダブル選挙200%決定か。下村元文科大臣が衆参ダブル選挙を示唆。2月16日17時~憲政記念館に於いて「明るい日本を実現する」セミナーに自民党青年局長牧原秀樹衆議院議員の登壇決定》

2016年02月10日 20:27




●緊急拡散希望《衆参ダブル選挙200%決定か。下村元文科大臣が衆参ダブル選挙を示唆。2月16日17時~憲政記念館に於いて「明るい日本を実現する」セミナーに自民党青年局長牧原秀樹衆議院議員の登壇決定》


■一昨日、菅直人元首相と熾烈な選挙を戦っている土屋正忠総務副大臣が、
「明るい日本を実現する」セミナーで15分間お話し頂けることをお知らせしましたが、
2009年10日27日に憲政記念館で実施した【請願集会&中川昭一先生追悼】に
駆けつけていただいた政治家の中に牧原秀樹代議士もいらっしゃったのですが、
久しぶりに駆けつけていただけることになりました。

牧原秀樹代議士は、2008年10月に進められていた「国籍法改悪」に
いち早く気付いてくれた国会議員だったのです。
「国籍法改正案」に、ギリギリで附帯事項をつけることが出来たのは、
法律家としての知識をもたれていた牧原秀樹代議士のお陰だったのです。

当時、牧原代議士は当選一回の議員でしたが、
スーツの襟に「日の丸」のバッチをつけていた唯一の国会議員でした。

牧原代議士は、高校も大学も故中川昭一先生の後輩で、
国内と米国(ニューヨーク州)の弁護士資格をもって、通産官僚になっていたのですが、
官僚では「日本を救えない」と判断して、
2005年の総選挙に自民党の公募に応じて出馬した叩き上げの代議士です。

その選挙区の対立候補は、
保守派国民が見たくない国会議員の一人の元民主党幹事長と
官房長官を歴任した枝野幸男衆議院議員です。
その選挙区では常に激烈な戦いを行っており、
政治信条は故中川昭一先生を彷彿させる保守議員です。
現在、牧原代議士は、自民党青年局長を務めていますが、
10年後には総理大臣になっていただきたい代議士の筆頭と認識しております。

そして、ぶれない政治家の代表として、西川京子元文科副大臣には
「日本人の絆をいかに守るか」を、夫婦別姓問題等を踏まえて語っていただきます。

現時点で、2月16日17時30分開演の【明るい日本を実現するセミナー】には、
元拉致担当大臣として拉致問題の第一人者であられる
中山恭子日本の心を大切にする党代表には
「日本は世界の文化のプラットホームを目指して…」、
そして佐藤守元空将には、航空自衛隊南西方面司令官としての体験を踏まえ、
尖閣諸島等南西方面の安全保障の第一人者として、
今後の尖閣対策等を語っていただけます。
また、月刊中国主幹兼編集長は、中国軍事情報収集の第一人者として
「中国のサイバー攻撃にどのように対処」するかを
戦略的な思想面を中心に語っていただきます。

当日、国連人権委員会に参加するため、
なでしこアクション山本優美子代表のメッセージは、佐藤みずえ氏が代読されます。
また、女性の保守活動の草分けである「そよ風」の現況を
鈴木由喜子そよ風代表に語っていただきます。

司会は水間政憲が行います。

尚、そして皆様が話を聴きたいと思われている政治家を1~2名調整してますので、
決まり次第「水間条項」にて発表します。


※今回のセミナーは、参加費無料で17時に開場しますので、
駆けつけていただいた方から順次着席ください(席は500名先着順です)。


◆「明るい日本を実現する」プロジェクトに興味のある方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2173.html


※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/





▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】


《アマゾン(書籍版)》








《アマゾン(電子書籍版)》






★平成27年4月28日の主権回復の日から1000日を目処に、
覚醒されていらっしゃる皆様方に協力していただき
「日中・日韓」の歴史認識問題を終結させますので、
是非、「やまと新聞動画会員」(月額324円)の登録を、何卒宜しくお願い致します。
また、「水間政憲の国益最前線やまと新聞ライブ放送」を
継続するためにも登録をお願いする次第です。

やまと新聞インターネット放送;
毎週日曜日午前9時から1時間;
番組名【やまと新聞;水間政憲の国益最前線レポート】
http://ch.nicovideo.jp/yamatoshinbun



※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。