緊急拡散希望《通州事件慰霊祭と参加希望女性》

2015年07月26日 04:06





※写真は、済南・通州両事件殉難者慰霊祭の為にまとめた『ひと目でわかる「日の丸で歓迎されていた」日本軍』と南京事件問題を終結させる『ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実』の表紙です。


●緊急拡散希望《通州事件慰霊祭と参加希望女性の気持ち》



■いよいよ8月1日午後1時からの
済南・通州両事件殉難者慰霊祭が1週間を切りました。

複数の女性からいただいた証言は、
男性が事件を知ったときと微妙に違うようです。

東京にお住まいの女性の方は、5~6年前に初めて通州事件を知ったとき、
その日はショックで目が冴えて眠れなかったと仰ってました。

中国が歴史を直視しろなど、日本に要求するまえに習近平よ!、
それをそのまま中国人向けに言えと、
思っている日本人は沢山いらっしゃると思っています。

女性は自分が被害に遭ったと感じるのが男性の数倍くらいあるようで、
それがそのまま中国への怒りになっているようです。
今回、戦後初めて「靖国神社で慰霊祭」が行われることを知って、
絶対参加しなくてはと仰ってました。
両事件の殉難者の無念を日本列島で追悼して、
二度と日本は中国人に騙されないようにすることが、
この度の慰霊祭の目的の一つですので、
日本の隅々まで情報が拡散されることを切に願っております。



◆◇◆緊急拡散希望【済南・通州両事件殉難者慰霊祭 】のご案内


■済南・通州両事件殉難者慰霊祭


戦後七十年、平成二十七(二○一五)年八月一日午後一時より靖国神社に於いて、
戦後初めて「済南・通州両事件殉難者慰霊祭」が執り行われることになりました。


【趣旨】
済南事件(昭和三〈一九二八〉年五月)は、
南軍(蒋介石総司令)が引き起こした暴虐事件
(「死亡者数;邦人居留民十四名・日本軍人二十六名」
 邦人被害人員約四百名)ですが、
戦後の「十五年戦争史観」論争の枠外にされ、語られることがありませんでした。

それから九年後の昭和十二(一九三七)年七月二十九日に北京近郊の通州に於いて、
冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)に、
襲われた日本軍守備隊と邦人居留民二百数十名が惨殺され、
当時、朝日新聞・毎日新聞等の「号外」で国民を震撼させた大事件だったのですが、
GHQの検閲により封印され、
現在もマスメディアでは封印された状態になっております。

実際、中国に於いて済南事件から通州事件までの間にも、
中国人による様々な邦人惨殺事件が繰り返されておりましたが、
それらの事件にも思いを馳せ平成二十七(二○一五)年八月一日午後一時より、
靖国神社に於いて、同慰霊祭を執り行うこととなりました。


【祭場】
靖国神社本殿

【日時】
平成二十七(二○一五)年八月一日午後一時より午後二時まで。

【受付・場所】
当日:午前十一時より午後○時三十分まで。
靖国神社境内能舞台前の休憩所にて。※先着500名の皆様には、
拝殿の式典に参列できる「リボン」をお渡し致します。

【玉串料】
千円

【祭文・奉納】
小堀桂一郎先生

【代表世話人】
佐藤守氏 西川京子氏 佐藤忠士氏 藤岡信勝氏 戸井田徹氏

【協賛】
国会両院記者会・(株)やまと新聞社

【主催】
済南・通州両事件殉難者慰霊祭実行委員会
◆代表・水間政憲;事務局長・菊地宣夫

【連絡先】
090-5560-9728

◆尚;当日参列できない日本全国にいらっしゃる同志の皆様方で
遠方から参加を望まれる方法としては、
「済南・通州両事件殉難者慰霊祭」名を記述した「玉串料」(上限無し)を
現金封筒か郵便振替に、氏名・年齢・住所を記載して、
7月末日必着にして直接靖国神社へ送っていただき、
両慰霊祭当日の8月1日午後1時に
靖国神社へ向かって遥拝していただければ成就できますので、
何卒宜しくお願い申し上げます。


【郵送先】(現金封筒)
〒102-8246
東京都千代田区九段北3丁目1番1号
靖国神社社務所祭儀課
電話;03-3261-8326(代表)

【郵便振替】
〔口座記号番号〕
00190-1-46710
〔加入者名〕
靖国神社社務所
※通信欄に必ず『済南・通州両事件殉難者慰霊祭玉串料』と記載してください。


以上



※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/





▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】



《アマゾン(書籍版)》


《アマゾン(電子書籍版)》



《紀伊國屋書店ウェブストア(書籍版)》





★平成27年4月28日の主権回復の日から1000日を目処に、
覚醒されていらっしゃる皆様方に協力していただき
「日中・日韓」の歴史認識問題を終結させますので、
是非、「やまと新聞動画会員」(月額324円)の登録を、何卒宜しくお願い致します。
また、「水間政憲の国益最前線やまと新聞ライブ放送」を
継続するためにも登録をお願いする次第です。

やまと新聞インターネット放送;
毎週日曜日午前9時から1時間;
番組名【やまと新聞;水間政憲の国益最前線レポート】
http://ch.nicovideo.jp/yamatoshinbun




※併せて下記記事で紹介している動画と著書の拡散をお願い致します。

超拡散希望《歴史問題終結宣言『ひと目でわかる「日の丸で歓迎されていた」日本軍』を著者が徹底的に解説しました》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1978.html

超拡散希望《韓国の嘘を暴いた『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』を著者が徹底解説動画》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1977.html

超拡散希望《南京問題を終結できる報道写真が満載されている『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』を、著者が動画で徹底解説しました》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1979.html

●超拡散希望《朝日新聞の反日の原点と領土・慰安・南京問題の検証を『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』で著者本人が解説》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1986.html

超拡散希望《イデオロギーを排して戦前の日本を『ひと目でわかる「戦前日本」の真実』で確認してください。著者本人が解説しました》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1989.html

【超拡散希望】十五年戦争史観をこの一冊で完全粉砕!「ひと目でわかる『大正・昭和初期』の真実」を著者水間政憲本人が「おもしろ解説」
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1993.html


※御自身で購入されるのも良いですが、
  在住自治体の図書館にも蔵書させてください。
  図書館職員の大半は反日思想を持っている為、
  日本の国益になる一次資料掲載著書なかなか蔵書しませんので、
  親日思想の住民による蔵書依頼数の圧力で蔵書させることが必要です。



図書館の現状に関する記事(全てではありません)

不可解な横浜市の図書選択
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1590.html

拡散希望;地道な図書館改善活動礼讚
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1770.html

超拡散希望《図書館所蔵図書焚書に対する究極の対抗策》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1772.html

超拡散希望《反日の大地の図書館蔵書チェック》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1875.html

超拡散希望《全国リクエスト活動の成果》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1876.html


※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。