超拡散希望《麻生太郎元首相による戊辰戦争の和睦と小樽龍宮神社参》

2015年06月03日 22:19






※写真は上から、小樽龍宮神社境内の榎本武揚の銅像の周りに「桜」と「おんこ松」を植樹する麻生太郎元首相。二枚目は龍宮神社本殿前での集合写真。三枚目は榎本武揚の銅像です。


●超拡散希望《麻生太郎元首相による戊辰戦争の和睦と小樽龍宮神社参拝》



■明治維新を現在に重ね合わせて考えると、
日本再興の聖地は、北の大地の小樽に入魂されております。

数年前にブログに記しましたが、この度「やまと新聞動画放送」にて、
2008年8月9日、小樽龍宮神社に麻生太郎先生が参拝されたことを
初めて解説させていただきました。

それには、榎本武揚が小樽に建立した龍宮神社の歴史から始めなくてはなりません。

小樽の発展は、戊辰戦争と密接な関係があります。
それは、戊辰戦争で幕府側の総司令官榎本武揚が捕らわれの身になり、
明治政府から明治5年1月6日、出獄を許可されたことと深い関係があるのです。
同年3月8日に釈放されていた榎本武揚は、北海道開発庁開拓使として徴用され、
北海道の鉱山を調査するため、
元新政府軍の北垣国道と元幕臣だった榎本武揚は小樽に立ち寄りました。

その時、榎本武揚は、オランダ留学の経験から、
小樽が自然な良港になると確信して、
北垣と共同で小樽駅周辺の20万坪の土地を明治政府から払い下げを受け、
明治6年に土地開発を目的に「北辰社」を設立しました。

榎本は、その代表に元彰義隊士の大塚賀久治(霍之丞)を就けました。

大塚は、戊辰戦争に敗れたとき、函館で榎本が自決するのを止めた人物です。

榎本武揚は、明治政府に徴用された後、
戊辰戦争に敗れ困窮していた会津藩士の生活のために尽力したことは、
榎本が小樽の土地の権利を得た小樽駅から海を見て
左側に数多くの会津藩士を入植させたことで明らかなのです。
当時の小樽には、新撰組第一位の剣豪と云われた永倉新八も移り住んでおり、
小樽で口述した「新撰組顛末記」を遺されたことで「燃えよ剣」など、
新撰組の実態が後世に伝承されることになったのです。

榎本が得た土地に、「梁川通り」がありますが、
それは榎本武揚の雅号「梁川」から付けられ、
同右側は、北垣国道の雅号「静屋」から「静屋通り」と名付けられています。

榎本武揚が建立した小樽龍宮神社は、明治9年に建立され、
小樽駅を出て左側に徒歩3分の稲穂3丁目22番11号の丘の上にあります。
龍宮神社の社宝に、北海道の安寧を祈り榎本武揚が揮毫した
「北海鎮護」の扁額が掲げられています。
尚、龍宮神社は、明治14年に明治天皇が北海道を巡幸したときに随行した
有栖川宮が小樽に立ち寄ったときに命名されました。

また榎本武揚は、小樽に「北辰社」を設立した同時期、
東京千代田区飯田橋に「北辰社牧場」を開場していました。
そこで日本初の牛乳が産出したことも特筆すべきことなのです。

そして、オランダ留学から持ち帰った「万国海津全書」を翻訳した知識が、
明治政府を助け、日本の名誉を守った実績として、
マリア・ルス号事件裁判を指揮して勝訴したことです。

※マリア・ルス号事件とは、明治4年、
ペルー船籍の奴隷船でアメリカに運ばれる清国の「クーリー231名」を、
横浜に停泊中に助け出し、中国へ送り返したことを不服として、
ペルー政府が明治6年、国際法廷に提訴した事件です。

その後、榎本武揚は、明治政府に重用され
外務大臣・文部大臣・逓信大臣・農商務大臣などを歴任されました。

それにも拘わらず、榎本武揚が建立した龍宮神社には、
2008年8月9日に麻生太郎自民党幹事長(当時)が参拝するまでの間、
薩長閥に連なる政治家や政府高官の誰一人として参拝した者がいませんでした。


★詳細は「やまと新聞動画放送」をご覧ください。
http://www.nicovideo.jp/watch/1433002043





★4月28日の主権回復の日から1000日を目処に、
覚醒されていらっしゃる皆様方に協力していただき
「日中・日韓」の歴史認識問題を終結させますので、
是非、「やまと新聞動画会員」(月額324円)の登録を、何卒宜しくお願い致します。
また、「水間政憲の国益最前線やまと新聞ライブ放送」を
継続するためにも登録をお願いする次第です。
http://ch.nicovideo.jp/yamatoshinbun


※併せて下記記事で紹介している動画と著書の拡散をお願い致します。

超拡散希望《歴史問題終結宣言『ひと目でわかる「日の丸で歓迎されていた」日本軍』を著者が徹底的に解説しました》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1978.html

超拡散希望《韓国の嘘を暴いた『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』を著者が徹底解説動画》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1977.html

超拡散希望《南京問題を終結できる報道写真が満載されている『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』を、著者が動画で徹底解説しました》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1979.html

●超拡散希望《朝日新聞の反日の原点と領土・慰安・南京問題の検証を『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』で著者本人が解説》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1986.html

超拡散希望《イデオロギーを排して戦前の日本を『ひと目でわかる「戦前日本」の真実』で確認してください。著者本人が解説しました》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1989.html

【超拡散希望】十五年戦争史観をこの一冊で完全粉砕!「ひと目でわかる『大正・昭和初期』の真実」を著者水間政憲本人が「おもしろ解説」
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1993.html


※御自身で購入されるのも良いですが、
  在住自治体の図書館にも蔵書させてください。
  図書館職員の大半は反日思想を持っている為、
  日本の国益になる一次資料掲載著書はなかなか蔵書しませんので、
  親日思想の住民による蔵書依頼数の圧力で蔵書させることが必要です。



図書館の現状に関する記事(全てではありません)

不可解な横浜市の図書選択
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1590.html

拡散希望;地道な図書館改善活動礼讚
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1770.html

超拡散希望《図書館所蔵図書焚書に対する究極の対抗策》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1772.html

超拡散希望《反日の大地の図書館蔵書チェック》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1875.html

超拡散希望《全国リクエスト活動の成果》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1876.html



※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/