超拡散希望《1969年中国発行「尖閣地図」で国際包囲網を構築しよう》

2015年03月09日 22:45





※写真は、1969年中華人民共和国国家測絵総局(日本の国土地理院にあたる)発行の地図に日本名表記「尖閣群島・魚釣島」と記載されている動かぬ証拠。

●超拡散希望《1969年中国発行「尖閣地図」で国際包囲網を構築しよう》



■国際強盗国家中国が、
自ら尖閣諸島を日本領と認めていた「動かぬ証拠」を全世界に拡散して、
これ以上世界の平和を乱さないように「エストッペル(禁反言)の法理」に基づき
国際包囲網を構築しましょう。
※「エストッペル(禁反言)」などの詳細は、
3月8日放送した【やまと新聞;水間政憲の国益最前線レポート】が
YouTubeで公開されました。

◆前半◆


◆後半◆




これらの情報が、全世界に拡散されたら、中国は尖閣諸島の領海侵犯する度に、
国際的な批判を浴びるようにできるのです。
21世紀に中国のような無法国家が存在することは、人類の不幸です。

今回の放送は第1回ですが、賛同いただけた方には
国内外の友人知人に動画情報を拡散していただければ幸いです。


■やまと新聞インターネットライブ放送;毎週日曜日午前9時から1時間;
番組名【やまと新聞;水間政憲論説委員の国益最前線レポート】
http://ch.nicovideo.jp/yamatoshinbun


《アマゾン》






《紀伊國屋書店ウェブストア》




※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/