緊急拡散希望《海外邦人の為の歴史認識の武器を拡散してください》

2015年01月22日 11:48

●緊急拡散希望《海外邦人の為の歴史認識の武器を拡散してください》


■最近、アメリカから戦後70周年談話で
「侵略」と「植民地支配」を認めろと内政干渉を繰り返してます。
日中・日韓の歴史認識問題がなかなか終結しない訳は、
戦後、「捏造史観」を普及させた元締めがアメリカだからなのです。

歴史認識問題が終結しない一番の原因は、
戦後、「バターン死の行進」の嘘を暴くと身の危険があると云われていたことで、
アメリカを恐れて保守言論人が検証してなかったからです。

筆者が「バターン死の行進」の嘘を13年前に『月刊日本』に寄稿したのが、
戦後初めてだったと思います。


その後、日本人洗脳ラジオ放送『眞相箱』の台本を、
完全復刻することを条件で提供し
『GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く』(小学館文庫;櫻井よしこ著)として、
出版され電子版にもなっていますので、海外でも入手できます。



実際、『眞相箱』の台本を完全復刻しても、
「嘘」と「事実」をまぜこぜた台本を徹底的に検証した研究者が出て来ませんので、
完全復刻を企画した筆者が、徹底的に検証することにしたのです。

その検証レポートは、『Voice』誌のグラビアと本文で連載され、
雑誌発売終了後に、その検証レポート単独で電子版として発売されます。
米国・カナダに住まわれていらっしゃる邦人の方が、
いままで必要としていた「証拠写真」を十数枚掲載してあり、
米国人を沈黙させられるようになっています。


その『眞相箱』の検証シリーズは、
『反日歴史認識の「教典」』として寄稿してきましたが、
◆「南京大虐殺」の嘘は電子版は、


◆(1月30日発売;注文受付中)「バターン死の行進」の嘘の電子版は、


◆慰安婦問題の嘘は、
次の電子版『ひと目でわかる「慰安婦問題」の真実』で決着がつきます。



これから、侵略の定義の虚構とか、
米国の内政干渉に反撃できる資料を電子版で提供しますので、
米国在住の方々の「武器」になれば幸いです。


※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/