★緊急拡散希望《中国は太田国交大臣を守るために泥棒中国漁船団を撤退させるか否か》

2014年11月29日 05:48

●緊急拡散希望《中国は太田国交大臣を守るために泥棒中国漁船団を撤退させるか否か》

■田母神氏が太田国交大臣の選挙区から立候補することになり、
海上保安庁を管轄していた公明党の太田国交大臣の尻に火がついたことで、中国の出方が見ものです。

唐突に泥棒中国漁船団を撤退させると、
中国政府と泥棒中国漁船団がグルだったことを認めたことになり、
今後も小笠原諸島海域に居すわると、
現職の太田国交大臣の議席が危うくなるだけでなく、
北側元国交大臣の議席も危なくなり、
公明党が政権与党でいることが批判の的になる可能性まであります。

今回の衆議院選挙の最大の注目選挙区は、
東京12区の太田国交大臣対田母神俊雄元航空幕僚長と
大阪16区の北側元国交大臣対西村真悟前衆議院議員の選挙区です。


この2選挙区で、次世代の党の両候補が当選すると、
裏で公明党が推進している【女性問題】や【「中国人大量」移民推進問題】などの
与党内での推進が頓挫させられます。

実際、情けないことですが、公明党の推薦に目がくらみ、
自民党内で故中川昭一元財務大臣のように
公明党が推進している【日本解体法案】を、
真っ向批判できる国会議員は、ほとんど居なくなってしまいました。

日本を憂いている国内外の皆様、全国の各比例ブロックは、
本来の自民党の政策を推進している【次世代の党】と記入することを呼び掛けてください。

戦略の一例を上げると、
全国の各自治体の商工会議所のホームページや観光協会のホームページには、
様々な会社のメールアドレスが公開されていますので、
「公明党は『在日朝鮮人への参政権付与法案』や
 『移民推進法案(実質;中国人大量移民)』、
 『人権擁護法案(実質;日本人弾圧法案)』などを推進していますので、
本来の自民党であれば反対する法案が通りそうになっている原因は、
公明党の推薦ほしさに沈黙する自民党議員がほとんどだからです。
そこでそれら『日本解体法案』を阻止するために、
小選挙区は自民党議員に記入しても
全国の各比例ブロックは【次世代の党】と記入してください」と呼び掛けてください。

★その呼び掛けるときにインターネットで「神回」(神発言)と話題になった2本の動画のURLを添付してください。

①の動画は2013年3月8日の衆議院予算委員会での中山成彬議員が行った、
日韓併合時代に関する質問です。
https://www.youtube.com/watch?v=Gucs-6lHtkc

②の動画は、同じくインターネットで「神回」(神発言)と評価された
2014年2月3日の衆議院予算委員会での杉田水脈議員が行った、
慰安婦と放送法に関する質問です。
https://www.youtube.com/watch?v=INAT8yYzNuk

上記①②の動画を視聴した有権者の過半数は、
全国の比例ブロックには【次世代の党】と、記入してもらえます。
それは、約過半数いる支持政党なし層は、そのほとんどが基本的に保守層だからです。
★『次世代の党は、次世代の子供たちが豊かで安心できる社会をつくりますが、
いま元気でいらっしゃるお婆さんお爺さんにも喜んで戴ける社会にします』との
キャッチコピーも効果的ですので、使ってください。


※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/