緊急拡散希望《インターネット選挙解禁で中山成彬先生を国会へ》

2014年11月24日 16:23

●緊急拡散希望《インターネット選挙解禁で中山成彬先生を国会へ》


■国内外の日本を憂いている覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様、
日本も今回の総選挙からインターネットが解禁になりました。

新しい時代の到来です。

そのインターネット選挙解禁で、既成のメディアが度肝を抜くことが出来れば、
インターネット言論が市民権を得て、
これからあらゆる分野に巨大な影響力を行使できるようになります。

現在、我が国の国会では、中川昭一先生が亡くなられてから、
国士と云える国会議員はごく少数になってしまいました。

そんな状況の中で、中山成彬先生は数少ない国会議員だったのですが、
この度の総選挙では、小選挙区からの出馬をあきらめ、
九州比例ブロックだけの出馬になりました。

現状のままでは、議席を確保することは不可能ですが、
インターネット選挙が解禁になりましたので、
国内外のインターネットユーザーが総力を挙げて、応援できれば当選可能です。

それは、国内外インターネット勝手連を組織して、
これから12月13日まで国内外のインターネットユーザー個々人が、
九州地方や沖縄地方の会社や個人でメールアドレスが
公開されているありとあらゆる所に
あの歴史的な2013年3月8日の衆議院予算委員会での審議動画のURLを紹介し、
「この歴史的動画を見て賛同された方は、小選挙区は自民党候補に投票されても、
 九州比例ブロックからしか出馬していない
 中山成彬先生にまた国会で活躍していただく為に、
 九州比例ブロックの投票用紙に『次世代の党』と記入してください。
 ※九州比例ブロックの投票用紙に『中山成彬』と記入すると
   無効になりますので注意してください
」と、
一人300箇所に送信して戴ければ、
賛同者が1万人で300万箇所になります。

中山先生が当選するか否かの目処は、
予算委員会の歴史的な動画アクセス数が現在より、
100万回アクセス数がプラスになれば当選の目はでてきます。

【歴史的な衆議院予算委員会の動画】
https://www.youtube.com/watch?v=Gucs-6lHtkc

実際、九州地方は保守が強い地盤ですので、
小選挙区のほとんどは自民党ですが、
小選挙区は自民党、
比例は「次世代の党」でお願いしますと、
繰り返しお願いすれば
「中山先生が国会へ行けるなら」と
書いてくれる九州地方の保守市民はいるはずですので、
宜しくお願い致します。

国内外の皆様、中山成彬先生がインターネットの力で当選した暁には、
日本は激変し中国と韓国だけでなくアメリカもビビります。
また、既成のマスメディアだけでなく、
あらゆるジャンルもインターネットの力を無視できなくなります。

海外のメディアもインターネット選挙が、
日本の政治を変えたと配信すること間違いありません。


※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/