超拡散希望《『Voice S』電子版 11月21日発売》

2014年11月17日 02:14





●超拡散希望《『Voice S』電子版冊子各93円;11月21日発売》


■いよいよ発売の電子版冊子が、オピニオン誌の形態を劇的に変える時代が来ました。


『Voice』が、新しい試みとして掲載論文を電子版冊子として販売することになりました。


『Voice S 10月号』「『朝鮮版』が真実を語る」と、『Voice S 11月号』「反日記事の原点」を電子版冊子として各93円で発売になります。

各論文ともスクープ資料に基づいた論文だったので、今までなら1ヶ月後には読むことは出来ませんでしたが、これから歴史的な価値のある論文に関しては、電子版冊子として発売していただけるようですので、俄然気合いが入ります。また、電子版冊子として発売していただければ、雑誌では小さく読みづらい一次資料もスクロールして読めますので紙媒体より好都合です。


最初、『Voice』の電子版冊子が、どのようなものか分かりませんでしたが、このシステムは凄い有益な企画です。実際、論文10~15本で一冊の単行本の分量ですが、必要な時期にリアルタイムで読者の皆様に届けられ、それも各93円と格安での発売ですので、オピニオン誌の形態が激変するように思えます。


今までも、『正論』や『SAPIO』誌に発表していたスクープレポートが、発売終了とともに読めなくなっていたことが残念で、単行本にまとめるには同じテーマの論文を揃える必要があり、なかなか一冊の本に纏めることが出来ませんでしたので、これは画期的な試みだと思っております。


小生の「ひと目シリーズ」は、一冊を反日言論を潰す「武器」として、つくっていますが、電子版冊子は、スクープ論文を単発で発売して頂けるので、それを各93円で発売していただければ、海外の皆様方にも気軽に読んで頂けるので素晴らしいことです。


これからも、スクープ資料を『Voice』に発表しますが、常に月遅れで電子版冊子として発売になりますので、非常に価値があると思っています。


《アマゾン》





《紀伊國屋書店ウェブストア》





※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/