超拡散希望《覚醒した「なでしこ」たちの底力

2014年11月12日 23:35

●超拡散希望《覚醒した「なでしこ」たちの底力



■「慰安婦問題」に対する「なでしこ」たちの底力は、世の男性陣を圧倒的に凌駕しています。茅ヶ崎を起点に全国的ネットワークで「慰安婦問題」のパネル展を企画運営している山崎はるか女史や「なでしこアクション」を主宰し、国内外のネットワークを構築した山本優美子女史たちや全国でポスティングされていらっしゃる女性陣の力は、日本を守る底力として広く認知されています。


今、国際社会で反日謀略の情報戦にさらされ、リアルな戦争状態の真っ只中にあります。戦前の歴史を集中的に検証している者として、戦前から政府に期待できないことは、さまざまな資料で解りきっていることで、戦後はGHQ占領下以降、その状況はより情けないことになっていることは、言論人でなくとも周知の事実です。


そんな中にあって、いまさら「外務省」を批判していても、何ら結果などでないことは過去数十年間と同じです。

そのような状況は、とっくに終わり、今や、インターネットを介して、覚醒している女性陣がインターネット上で巨大な塊になり、社会を動かす力をもったことは確かです。


本来、組織と財力を兼ね備えた者が主導することが理想ですが、岡本明子女史たちが先鞭をつけていた国連の人権委員会に、国際的なネットワークを構築した「なでしこアクション」代表の山本優美子女史が団長となり、国際人権委員会に参加され、さまざまな情報を収集して来たことは、これから一気呵成に「慰安婦問題」を終結させる力になるでしょう。

その山本優美子女史が、
『女性が守る日本の誇り』(「慰安婦問題」の真実を訴えるなでしこ活動録;青林堂書店;1000円)を
11月11日に上梓されました。

同書が広く日本女性に行き渡り、よりいっそう「なでしこ」たちが巨大になり、反日女性たちをいっそうできることを願っております。



《アマゾン》





《紀伊國屋書店ウェブストア》





※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/