貴重な時間を無駄にしない読書

2014年08月01日 01:18

●《貴重な時間を無駄にしない読書》


■今日(8月1日)から『ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実』が、電子書籍として発売になります。


毎年、この時期になると戦争ものが書店に溢れ、それらは戦後の歴史教育や通説に対する反証がほとんどですが、情報戦の入口として、小生が13年前に『パール判事の日本無罪論』(田中正明著、小学館文庫)を、「反証本」として企画出版したのは、これ一冊で東京裁判史観に反証できるようにするためでした。

実際、同書は、戦後の歴史を規定した「東京裁判史観」の欺瞞を暴く書籍として、主権回復した1952年4月28日に出版されてから読み続けられてきた歴史的な名著です。同書のアマゾンのレビューに「中学生のときに読みたかった」と、50歳代の読者の方が書き込んでいました。無駄な支出をしないためと無駄な時間を費やさないためにも同文庫をお薦めします。同書は電子書籍にもなっています。


小生の「ひと目でわかる」シリーズは、『パール判事の日本無罪論』や『「南京事件」の総括』を読了した方々が、抱かれる疑問に応えられるように、GHQ占領下に切り取られた歴史を、一次資料の写真を提示して、戦後の洗脳を解けるようにしてあります。それは時間の無駄を排して、皆様方の仕事に貴重な時間を使えるようにと思ってです。


最新刊の『ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実』は、支那事変から大東亜戦争へ到る原因が分かるようしてあります。戦争には、それに到る原因を理解できなければ、歴史から学ぶことはできません。実際、小生と付き合いのある方々は、『パール判事の日本無罪論』を読了されていらっしゃる方しかおりません。





※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/