●緊急拡散希望《皆さん、ユネスコ記憶遺産登録事務局に声を挙げてください》

2014年06月11日 07:49

●緊急拡散希望《皆さん、ユネスコ記憶遺産登録事務局に声を挙げてください》



■皆さん、中国がユネスコ記憶遺産に「慰安婦」と「南京問題」を登録申請しましたので、抗議と云うより事実無根を証明できる一次資料の存在をユネスコに通告してください。


慰安婦問題の核心は、クマラスワミ報告書が国連の人権委員会に提出した「吉田清治の奴隷狩り」が、現在も根本資料になっていますので、その嘘を国内外に知らしめることと、米国国立公文書館に所蔵されているミッチーナでの朝鮮人慰安婦の尋問調書の存在をユネスコ記憶遺産登録事務局に情報を提供することです。



また、南京問題は、自民党歴史議連が監修した『南京の実相』に収録されている《国際連盟理事会第100回会期議事録》の原文をスキャンして、ユネスコ記憶遺産登録事務局へ送信していただければ、申請を却下できますので、宜しくお願い致します。


今回の中国の慌ただしい動きは、先週、自民党の国際情報検討委員会に招かれ、中国と韓国の情報戦にどのように対抗するか、戦略を提示したのですが、その戦略が中国に漏れ伝わる可能性があると思っていましたが、それに焦った中国が先回りした可能性大です。その時述べた戦略をここで詳らかに出来ませんが、完璧に楔を打ち込める戦略です。


こちらは、淡々と着実に中国と韓国の謀略を封じ込める対策を講じますが、国内外の皆様方もユネスコ記憶遺産登録事務局に対して、一次資料情報を発信していただければ、中国の登録申請を潰せます。


発信する時の注意は、ユネスコ記憶遺産登録事務局を味方につけることですので、中国への声高な批判は避け、淡々と一次資料の存在を知らしめてください。


★本来、中国関係のユネスコ記憶遺産登録は、チベットでの120万人虐殺や天安門虐殺事件ですので、国際的なネットワークを駆使してユネスコ記憶遺産登録に申請することも必要です。また慰安婦問題より深刻な人権問題は「ライダンハン」(ベトナムで韓国兵が強姦して生まれた混血児問題)です。慰安婦問題に犯罪性のないことは、混血児問題がないことなのです。



※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/