祝・羽生結弦君金メダル

2014年02月15日 06:48

●《祝・羽生君金メダル;仙台にフィギュアスケート・トレーニングセンターを国からプレゼント!!》


■ソチの男子フィギュアスケートで羽生結弦君が金メダルを取り、東北震災の「陰」から「光」をもたらしました。


男子フィギュアスケートは、心臓に悪い流れでしたが、被災して亡くなられた方々が見守ってくれていたように思えてなりません。羽生君の自宅は全壊して、被災者に申し訳なく一度はフィギュアスケートを断念するところまで、追い詰められていたとのことですが、本人の才能と努力プラスそのような経験があったからこその金メダルだったと思っています。


荒川静香さんも仙台出身であり、弟分の羽生君も金メダルを獲得したことで、仙台にフィギュアスケート・トレーニングセンターを、国がプレゼントしても国民は納得すると思っています。



八歳からフィギュアスケートを始めて、オリンピックに出場するまでには、シューズ(毎年二足二十数万円とかリンク・コーチング)などなど代が、1億数千万円もかかるとのことです。


最近、宮城県の松島の無人島に予定されている護岸工事に数十億円の無駄な予算が指摘されてましたので、それらを中止すれば資金はあるようですし、是非、仙台に東北復興の象徴として、フィギュアスケート・トレーニングセンターを仙台に実現していただきたいものです。


※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/