超拡散希望《朝日新聞と河野元官房長官の証人喚問を実現する国民投票》

2014年02月20日 17:08

●超拡散希望《朝日新聞社長と河野洋平の証人喚問を実現する国民投票》


■国際情報戦に於いて、「河野談話の見直し」を求める署名運動などは、心理戦や情報戦をした経験のない素人の発想で、お話になりません。


いまの国際情勢で、政府が見直しの談話をだしたら、海外から「歴史修正主義内閣」とかなんとか、ボロクソに批判されるだけです。


実際、様々な実績を積み重ねてきた経験から、「慰安婦問題」に関して、アメリカ下院決議も韓国人ロビー活動の「大義名分」は、「日本の官房長官が認めているではないか」に集約されます。ここで、新たな「菅官房長官談話」など出したら外国がどう反応するか、小中学生でもわかるでしょう。


海外に広がった「慰安婦強制連行」の政治宣伝の元凶になっているのは、「河野談話」ですので、国会で証人喚問をして淡々と質問することを想定すると。


◇委員「慰安婦証言の裏づけは取ったのですか」、

◆河野「取ってませんでした」


◇委員「海外に定着している慰安婦強制連行は貴方の談話を根拠にしていますが、実際、強制を示す資料を貴方は見たのですか、確認したのですか」



◆河野「私は直接見てませんし確認もしていません」


◇委員「貴方の談話でアメリカ在住の日本人の子供たちが『強姦魔』などとイジメにあっていることに対して、申し訳ないとの謝罪の気持ちはありますか」


◆河野「事実確認ができてませんのでコメント出来ません」



◇委員「事実確認してなかったことを棚にあげ、そのようなことを国民に向かってよく言えますね。迷惑をかけたとの気持ちが少しでもあれば、天皇陛下から下賜された最高勲章を返上する必要があると思うが、返上する意思はありますか」


◆河野「いまこの場で返答できませんが検討させていただきます」



以上のように淡々と真相を追及するだけで、アメリカや韓国の「慰安婦強制連行問題」の梯子(河野談話)をはずせます。


朝日新聞と河野元官房長官の国会招致が実現できれば慰安婦問題は国際的に瓦解させれます。


それを実現することと、杉田水脈議員を守るための一石二鳥の効果がある「杉田水脈議員の予算委員会質疑動画」を、200万アクセスを達成(理想的には300万アクセス以上)させて、証人喚問を実現する環境をつくることが、心理戦・情報戦を勝利する第一歩です。現在、2月6日午前3時の時点で動画4本合計で25万アクセスを超えましたので、1ヶ月間で合計200万超えも不可能ではありません。これらアクセス数は国内外から誰でもチェックできますので、アクセス数が100万アクセスを超えた頃に、河野洋平氏が北九州の海岸で不審死した内閣府職員のよになるように思えてなりませんので、証人喚問が実現するまで、警察には徹底的な警備を実施していただきたい。


国民が杉田議員の爆弾質疑を断固支持している実態を、対立勢力に知らしめる必要がありますので、1アクセスを「朝日新聞社長と河野洋平元官房長官の証人喚問」に賛同の1票として、動画アクセス数を「見える国民投票」と位置づけて、批判勢力を一気呵成に潰しましょう。


以下が杉田水脈衆議院議員の予算委員会でのニコニコとYouTubeの動画URLです。宜しくお願い致します。


★【ニコニコ動画】『神回』H26/02/03維新の会 杉田水脈議員「NHKさん消さないでね!」http://nicomoba.jp/watch/sm22806670?guid=ON&cp_webto=pc_jump


★【ニコニコ動画】H26/02/04杉田水脈「河野洋平を証人喚問しよう」http://nicomoba.jp/watch/sm22815695?cp_in=watch_wtrltn&guid=ON&cpw=pc_jump



★【YouTube】「杉田水脈;日本は真実の報道しなければ、ウソを駆逐することはできない」http://m.youtube.com/watch?v=INAT8yYzNuk


★【YouTube】「杉田水脈議員;河野洋平を証人喚問しよう」http://m.youtube.com/watch?v=N8IXbw0SoDI




※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/