橋下市長の独り相撲

2014年02月04日 06:43

●《橋下市長の独り相撲》


■橋下市長の政治手法は、小泉純一郎と同じように独善的で、北朝鮮の金正恩と酷似していて、良識のある日本人は辟易しているのです。


今回の辞任選挙は、選挙を「オモチャ」にして大阪市民を愚弄しています。


政治家にも賞味期限があり、世論の風を読めなくなったときに「夢よもう一度」と、飽きられたことに焦りを感じて、注目されたいのでしょうが、風はベタ凪状態で、自滅へまっしぐらに進んでいます。これからソチオリンピックが開催され、大阪市長選挙のニュースは話題になることもなく、狙いはハズレるでしょう。


今回の大阪市長選挙は、自民党や公明党が候補者を擁立しないとのことですが、民主党や共産党も候補者を擁立しないと、単なる税金6億円の無駄遣いになり、橋下市長の大義名分が地に堕ち、政治家生命も風前の灯になるでしょう。


今日の記者会見では、自分の主義主張が通らないときは、再度市長を辞任して選挙をするとのことですが、これは大阪市民だけでなく国民を舐めてますので、その時点で日本維新の会は、国民から見放されることが時間の問題になるでしょう。


※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/