ごちそうさん(NHK)の時代

2014年01月25日 09:17

●拡散希望《「ごちそうさん」(NHK)と『ひと目でわかる「戦前日本」の真実』の時代》


■NHKの朝の連続ドラマ「ごちそうさん」の時代は、いま大阪の地下鉄開通前を放送していますが、まさに『ひと目でわかる「戦前日本」の真実』に記した時代と同じです。同書12ページに大阪の地下鉄ホームの写真を掲載してあります。今日の放送で「エスカレーター」ができることに触れてましたが、当時の『アサヒグラフ』(1936年3月18日号)には、様々な写真が掲載されエスカレーターは梅田駅に設置されるとなっています。

来週からの「ごちそうさん」は、戦後NHKが「暗黒時代」と放送し続けてきた時代に突入しますが、子供たちが少し大きくなっていますので、地下鉄の開通も支那事変もすべてすっ飛ばして、1941年にするような映像が映されてました。


いずれにしても、これから放送する「ごちそうさん」と『ひと目でわかる「戦前日本」の真実』の時代背景は同じですので、NHKの歴史認識をチェックするいい機会です。また、4月スタートのNHK朝の連続ドラマも大正・昭和時代を背景に描かれたものを放送しますので、4月中には、「1924~1935年」の『ひと目でわかる「戦前日本」の真実』を出版できるようにします。


予定通り出版できれば、戦前日本を描くドラマ制作に影響を与えられます。

これは「マクロの情報戦」になりますので、ドラマ制作のプロデューサーや監督などに認知されるくらいに話題になれば、間違いなくプラスの影響を与えられます。




※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/