拡散《尖閣を守る要請と請願書!》

2010年10月09日 16:37

↓クリック支援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ

拡散《尖閣を守る要請と請願書!》




中国がノーベル平和賞に難癖をつけたことで、人権問題で国際的反中包囲網が決定的になりました。


これは、尖閣問題にけりをつける千載一遇のチャンスです。


言論弾圧をする中国の歴史認識は、捏造だらけとの宣伝をできる環境が整いました。


自衛隊は、皆様方が北澤防衛大臣へ
米軍との連携の強化」との要請が奏功し、要望通りの見解を表明してくれました。


その連携をより強固に運用できるようにするためには、日米安全保障条約が軍事的防衛比率から経済的利益の比重を高めることが必要なのです。


そこで、尖閣を守るための急がれる要請は、尖閣海域の海底油田・天然ガス
(約1000兆円)を日米共同で開発することを実現することなのです。


それが実現できれば、中国は尖閣に手出しできなくなります。


すぐに結果は出ませんが、実現させるためには、時間をかけても長期的に要請する価値は大いにあります。


尖閣海域の海底油田採掘権の許認可権は、経済産業省がもっていますので、大畠経済産業大臣に要請することが大事です。

◆経済産業省:
http://www.meti.go.jp/
お問い合わせ、ご意見:
http://www.meti.go.jp/comment_form/index.html
◆大畠経済産業大臣:
http://www.oohata.com/(工事中)
メール:g01007@shugiin.go.jp
03-3508-7231 
03-3502-5953 (FAX)


【たちあがれ日本】の平沼代表ほか所属国会議員が、尖閣を守る「請願書」を衆議院議長と参議院議長に提出するための紹介議員になって戴けることになりました。

取りまとめは、「たちあがれ日本」の事務局でやって頂けることなりました。

詳細は、下記「たちあがれ日本」か「中山成彬先生」のホームページを御覧下さい。

◆「たちあがれ日本」:
http://www.tachiagare.jp/emergency/

◆「中山成彬先生」:
http://www.nakayamanariaki.com/


■この記事は、営利目的以外インターネットだけ転載フリーとします。
転載条件は【水間条項から転載】との表記だけで結構です。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

民主党政権下で、せめて覚醒している国民がしっかり一致団結して意思表示をしなくては、日本を守ることはできないでしょう。

それらに対抗する「」に、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を利用していただけることを願う次第です。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
↓クリック支援よろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ