FC2ブログ

◎超拡散宜しく《『WiLL』7月号:拙稿「男系男子皇位継承者の存在を隠したのは誰だ!」》

2019年05月23日 23:25

◎超拡散宜しく《『WiLL』7月号:拙稿「男系男子皇位継承者の存在を隠したのは誰だ!」》


■『WiLL』7月号に「男系男子皇位継承者の存在を隠したのは誰だ!」を
寄稿しましたが、これは「女性宮家・女系天皇」容認派を潰す目的で寄稿しました。

最近、女性皇族に旧皇族から「養子を迎え入れて」宮家を創設するなどとの案が、
保守派に散見しますが、それで皇統断絶の危機を回避できるとはなりません。

現在、未婚の女性皇族は、愛子内親王、眞子内親王、佳子内親王他、
3女王の計6名ですが、旧皇族とご結婚されても男子が誕生する保証はありません。

3月20日の参議院財政金融委員会で、大塚耕平議員が
「成子内親王(昭和天皇の長女)と東久邇宮盛厚(明治天皇の孫)様の系譜に
 男子がずいぶんいらっしゃるという認識は正しいでしょうか」との質問に、
宮内庁の野村善史審議官は
「昭和22年に皇籍離脱された方々の段階につきましては承知していますが、
 その子孫の方々につきましては具体的には承知しておりません」と、
東久邇家の男系男子の情報を組織的に隠していることが明らかになりました。

小生が2年前から繰り返し言ってきた東久邇家のことが、
宮内庁や「女性宮家・女系天皇」推進派には相当不都合なことが、
改めて明らかになりましたので、如何に『WiLL』7月号の
「男系男子皇位継承者の存在を隠したのは誰だ!」を、
一般国民にも解るように拡散できるかにかかってきました。

2年前に
「愛子内親王と悠仁親王殿下がご結婚すれば男系派も女系派も納得するのでは」と、
稚拙なことを記載していた者が、豹変して「東久邇家」の皇籍復帰をなどと、
盗用・剽窃して自説のように述べているようだが、
このような「パクリ男」を野放しにしている出版社には「天誅」が降ることでしょう。

今回、寄稿した論文は、小生が2年前から言い続けてきたことをまとめたものですが、
4月12日の虎ノ門ニュースの大高未貴さんのコーナー「ミキペディア」の
文字起こしも掲載
されていますので、「女性宮家・女系天皇」推進派には
激震が走ると思っております。






・パンフレット「女性宮家は必要ありません」(URL、PDFファイル、印刷など色々とばら撒いてください。)
https://drive.google.com/open?id=1f62RE22Fw0grvPiCVvZyfrPu-Bn73VrW

・ひと目シリーズ「天皇家の家系図」(URL、PDFファイル、印刷など色々とばら撒いてください。)
https://drive.google.com/open?id=1qDQuR9LEy_OuuoTTpqBLZH404UIMZ-2t





『護国の会』公式ブログ
https://ameblo.jp/gokokunokaze

『護国の会』公式YouTubeアカウント
https://www.youtube.com/channel/UCudNyRw4-JV6MjBtNc2B35A/videos

「山田耕筰記念館]設立要請の署名用紙はこちら
https://drive.google.com/open?id=1m3UoVGjpe39-cqxwq9auOB5yGlTpW_rp


◆4月12日の虎ノ門ニュースの大高未貴氏の「ミキぺディア」
https://www.youtube.com/watch?v=mJcExSRe328

【青山繁晴】続きは独立講演会で!パクりは正確に
https://www.youtube.com/watch?v=ni6LvVls2zg

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■青山繁晴参議院議員の面白検証動画紹介
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


●【法と証拠に基づく】水間政憲・論文一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2632.html
※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。


◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載フリー:条件全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




ツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。