FC2ブログ

〇《戦後の「言語空間」の転換を一大目標に目指します》

2018年09月30日 04:54

〇《戦後の「言語空間」の転換を一大目標に目指します》


■三島由紀夫氏が自決したのは、本人の美学だけでなく、
当時の社会を俯瞰するとGHQに染められた「言語空間」との壮絶な闘いだったと、
いま命の有限を意識すると強く感じます。

そこで、「2020までに明るい日本を実現する」第1目標に、
江藤淳氏が上梓した『閉された言語空間』に
GHQの検閲等、言論弾圧の実態を網羅してありますが、
NHKなど固有のマスメディアの表記が無いところが、
評論家として活きていく配慮だったように思えます。

これが「日本社会」を閉ざしている「無意識」の「忖択」と云えば、聞こえはいいが、
この状況はGHQが目指していた究極の「言語空間」だったのです。

それ故、我が国を代表する小説家だった三島由紀夫氏も
「戦後のブラックボックス」に吸い込まれ、自決に追い込まれたと思っております。

また、残念なことは、三島由紀夫氏は芸術家としては、
1級品の作品を遺してくれましたが、直接GHQの「言語空間」と対峙し、
闘うための「武器」を遺していただけなかったことが残念でした。

そこで、戦後のGHQが染め上げた様々な「歴史認識」を粉砕できる「証拠」を
発掘しましたので、それを使って直接GHQの歴史認識を粉砕する「武器」を
創ることを使命として残された時間のすべてを利用しますので、
「みつばち」さんもその過程で数倍になれば、目標は達成できると思っております。

実際、「みつばち」さんのメンバーには、現役の大学教授さんもいらっしゃいますので、
本格的に動き始めたら「戦後の言語空間」を粉砕できると思っております。

それには「インターネットを含む言語空間」の一大転換が必要となります。

国際的には、トランプ大統領の出現によって、
世界の言語空間の大転換も求められているのです。

それは、トランプ大統領が闇雲に「フェイクニュース」と連呼している訳でなく、
世界最高の機密を知り得る立場の「アメリカ大統領」という事を忘れてはいけません。

最近、インターネットで情報を発信している者の中の多くが、
ネタもとを明らかにしない「ゴミ情報」を発信したり、
ひどい輩になると「ひと目シリーズ」のページをそのママアップしても
出典を表記しないなど、
本来の言論活動の「最低限のルール」を無視している者が沢山います。

ブログランキングの上位の者は大なり小なり似たような者の集団です。

そこで先ず認識して行動することは、出典を明らかにしてない者の情報は、
単なる「ゴミ情報」として完全に無視することが必要です。

また、オピニオン誌に掲載されている文書(論文!?)も、
抽象的に「歴史を取り戻せ」など、
アジビラのような文言を羅列した「言論人?」もう必要なくなりました。

それは、「歴史を取り戻せる証拠」をほとんど発掘し得ましたので、
後は国内外の世論に訴えることの「武器」を欲している方々に、
頒布できればそれで終わります。








◆【『完結DVD:朝鮮半島歴史問題の嘘』予約注文受付】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2900.html

◆【「1937南京:完結」映画(DVD)大量頒布と第2弾(「完結:日韓歴史戦」―韓国の歴史捏造を撃つ」)制作支援版画一覧動画】注文等は「水間条項」最初の記事でご確認ください。
【ニコニコ】http://www.nicovideo.jp/watch/1527787649
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2824.html










◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。