●緊急拡散希望《白鵬が「国技・相撲」を愚弄したことを赦してはいけない》

2017年11月23日 10:17

●緊急拡散希望《白鵬が「国技・相撲」を愚弄したことを赦してはいけない》


■11月22日、大相撲九州場所の白鵬対嘉風戦に於いて、
仕切りで嘉風が両手をついた状態で堂々と立ち合い、
行司軍配は「のこった、のこった」と返っており、
嘉風がもろ差しになり白鵬が不利になった瞬間、白鵬は力を抜き、
そのまま嘉風が白鵬を押し出し勝負はあっけなくつきました。

このときの映像は、これから大問題になりますので、皆様方も確認できるでしょう。
戦後の相撲で「前代未聞」の行状に唖然となるだけでなく、
「国技」としての「伝統」を破壊する白鵬の「態度」は、
日馬富士の障害事件以上の大問題なのですが、
どのように相撲協会が対処するのか注目されます。

問題は、勝負後、白鵬が右手を挙げて「取り直し」を、土俵下でアピールし、
約1分間抗議をして土俵に上がらず、会場は騒然となっていました。
テレビを観ていた視聴者も唖然となったことでしょう。

また審判に促され土俵に上がるも不満を漂わせ、
一礼をしないで土俵から降りたのです。これは「国技・相撲」ではありません。

白鵬に関しては、11月20日のブログでも触れた通り、大鵬の記録を破った頃から、
謙虚な態度が消え失せ横柄な態度になり、横綱にあるまじき
「ネコ騙し」等の汚い手をつかったり、
土俵を割っている力士を土俵下に突き落としたり、
悪態の数々に良識ある相撲ファンの顰蹙をかっています。

この白鵬の“前代未聞”の振る舞いは、
場所中に発覚した横綱日馬富士関の障害事件以上に、
横綱の品格を欠いた「大問題」です。









◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件:全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/