●《自民党の公約に「自宅に核シェルター」の頓珍漢》

2017年09月24日 09:17

●《自民党の公約に「自宅に核シェルター」の頓珍漢》



■自民党は国民政党になり得るのか。

自民党の「公約」に「自宅に核シェルター」を盛り込むようだが、
仮に10万人の自治体に補助金を拠出して
「核シェルター」を持てる市民がいかほどいるのか、
対象となるのは数百人くらいになるのではないか、
それは土地と余裕のある国会議員とか地方議員や商工会など
特権階級の人々の命乞いの発想にしか過ぎません。
この程度発想しかできない自民党には、
国民の生命と財産を護る能力がないことを露呈しています。

数分後に着弾する核弾頭に「自宅に核シェルター」などの発想は、
国民をバカにしているのです。

実際、9月21日の「水間条項:国益最前線動画」で縷々述べましたが、
歴史を踏まえて現実を直視して半島情勢を分析すると
『アメリカは既にソウルから気付かれないように
アメリカの軍・民の家族を徐々に帰国させていると考えるのが、自然な流れで、
その退避の仕上げはX'masのときになる」と解説しましたが、
すでに朝鮮半島有事なのであり、どうしょうもないのはテレビですね。

核シェルターに触れるなら米との「核シェアリング」を実施することを最優先に、
中距離弾頭ミサイルを数百発保有し、
先制攻撃をしないと国際公約して潜水艦発射の「核弾頭」を
保有するときが来ているのです。

実際、我が国は、唯一の被爆国だからこそ
北朝鮮や中国・ロシアの核弾頭に対する自衛のための核武装に
反対できる国があるのか。










【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。