緊急:中国崩壊カウントダウン

2013年06月26日 02:55

●緊急拡散希望《皇帝の息子が米国に逃げ出した中国は、崩壊カウントダウンが始まった》


■中国は、ヒラリー・クリプトン元国務長官が仰るように、「金と権力」にしか興味のない個人主義者の塊で、現在、銀行の連鎖倒産が危惧され始めてます。


当然、富裕層は資産の海外移転を加速化させており、銀行口座を一時的に閉鎖せざるを得ない状況になったとき、中国4000年の伝統的な民族性パニックになり、中国共産党はガラガラと崩壊します。


その時に、習近平は、尖閣諸島で小競り合いを仕掛けて、大衆の目を尖閣に向けさせる算段なのです。


これらを先読みしたニュースが鳴霞さんから昨夜飛び込んできました。


それは「博訊」が配信した「トウ小平の長男が1000億ドルを持ってアメリカへ脱出した」とのことです。個人で約10兆円をため込んでいたとは、日本人には信じられないことですが、皇帝の遺産と考えるとわかりやすいでしょう。


この一件は、中国共産党の崩壊の狼煙となって、今日から中国のインターネットは、市民とネット警察が戦争状況になり、いずれ近いうちにネット警察の仕事放棄から一気に共産党は崩壊するでしょう。これは1937年7月7日に中国が仕掛けてきた廬溝橋事件前の政治状況と酷似しています。


※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/