●超拡散宜しく《トランプ大統領に靖国神社への参拝を要請してください。送付先・文例あり》

2018年12月14日 10:56

●超拡散宜しく《トランプ大統領に靖国神社への参拝を要請してください。送付先・文例あり》


■国賓として来日するトランプ大統領が、靖国神社を参拝してくだされば
日中・日韓歴史認識問題は激変します。
それは単に歴史認識問題だけでなく、
安全保障にも決定的な影響力を発揮することは間違いないでしょう。
是非、英霊になり代わってトランプ大統領に靖国神社への参拝を要請してください。


※「日韓・日中歴史戦ポストカード」を使用すると効果的です。



〇President Donald Trump


【住所】The Trump Organization
725 5th Avenue
New York, NY 10022
USA

◆◇◆◇【靖国神社参拝要請文例】◇◆◇◆
◆1.靖国は「戦争神社」ではありません。国のために亡くなった方々を慰霊する場所です。
ぜひ訪問して下さい。

◇Yasukuni Shrine is NO war shrine. It is where people who sacrified themselves for Japan are commemorated. Please come and join us in visiting Yasukuni.


◆2.靖国はアメリカのアーリントン墓地と同じ位置づけです。
来ていただければありがたいです。

◇Yasukuni Shrine is the equivalent to your Arlington National Cemetery. Your visit at
Yasukuni would be greatly appreciated.


◆3.残念なことに中韓は靖国を利用して、日本たたきをしてきました。
大統領が参拝していただければ中韓を完全に沈黙させることができます。
お越しいただけますでしょうか?

◇Sadly, China and Korea have utilized Yasukuni in bashing Japan. Your visit at Yasukuni could silence them forever! Would you come and show your respect there, Mr. Trump?


4.あなたが米国の退役軍人を尊重していらっしゃることに感銘を受けています。
わたしたちも、靖国の英霊を同じように思っています。
最も重要な同盟国の大統領が参拝して下されば、
日本人にとっては大きな意味を持つことになります。どうぞいらして下さい。


◇We are impressed that you are treating veterans with respect. We feel the same way for our war dead remembered at Yasukuni Shrine. Please come to Yasukuni. Your visit, as the President of our most important ally, will mean a lot to us.

◆5.安倍首相もあなたとの協力関係を楽しみにしています。
靖国参拝をともにしていただければ、日米関係は盤石です。


◇Prime Minister Abe is excited about working with you! If you and Abe go to Yasukuni together, it would further strengthen ties of our nations.


◆6.靖国神社は戦争で亡くなった将兵だけでなく、
従軍看護婦等・軍馬・軍犬・軍鳩の「魂」も慰霊し、
平和を希求するための祈りの場所です。


◇Soldiers who lost their lives in wars are enshrined at Yasukuni. Besides, souls of civilians in the service of army and navy(nurses and others), and even souls of horses, dogs and pigeons that served in the military are commemorated there. No doubt that Yasukuni is a sacred place for us to seek and pray for peace.


◆7.中国・韓国は、慰霊を政治利用する教条主義的国家ですので、
トランプ大統領閣下に靖国神社を参拝していただければ、
中国の軍拡に対して将来的に軍艦数十隻以上の効果があります。
是非、世界平和のためにも、国賓として訪日された際には、
よろしくお願いいたします。


◇Fundamentally, China and Korea are in the habit of using even memorial services as political means to attack us. If you, as the US President, would be so kind as to pay a visit at Yasukuni, it would certainly be worth bringing a group of US battleships to patrol in the seas where China is quite aggressive. Therefore, for the sake of world peace, we sincerely request that you come to Japan and show your respect at Yasukuni Shrine.

Thank you.


◆8.日本をご覧になって下さい。日本は安全で清潔で遵法精神に富んだ国です。
私たちは国のために亡くなった兵士に感謝しています。
よって、靖国参拝をすることは大いに意味のあることなのです。
どうぞご一緒に参拝して下さい。


◇Come and explore throughout Japan. It is a safe, clean, and law-abiding entity. We are thankful to our soldiers who died to defend our beautiful country. So, showing them respect at Yasukuni Shrine means a lot to us. Please join us!


◆9.来日されるおりにはぜひ靖国神社にお越し下さい。
そこに眠る先祖もあなたが来て下さればどんなに喜ぶことでしょう。
英霊も日米の平和と繁栄を願っています。


◇If you can come to Japan, take time to visit Yasukuni Shrine. Our ancestors, whose souls rest in peace there, will be very pleased to have you . They want a peaceful and prosperous Japan-US relationship.


◆10.外国の要人にとって靖国参拝は欠かせない行程です。 
トランプ大統領も例外ではありません。
靖国神社で大統領をお迎えさせて下さい。


◇For any foreign dignitary coming to Japan, the itinerary is not complete without "Visit Yasukuni Shrine." President Trump is no exception. Please let us welcome you at Yasukuni.


◆11.「靖国」という文字は「国を安らかに、平和にする」という意味です。
平和を愛する人はどなたでも参拝して下さい。


◇The characters depicting Yasukuni signify "pacify or bring peace to a country." Anybody who loves peace is welcome at Yasukuni Shrine.


【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


※「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆水間政憲のホームページアドレスは、
http://officezon.netです



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆http://himawarijapan.org

連絡先
【info@himawarijapan.org】



※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/





▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】


《アマゾン(書籍版)》








《アマゾン(電子書籍版)》







※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。



●拡散希望《歴史戦ポストカードに焦っている在米朝鮮人》

2018年12月13日 21:49







※写真は、在米朝鮮人が突っ返してきた歴史戦ポストカードです。

●拡散希望《歴史戦ポストカードに焦っている在米中国人・朝鮮人を撃破するため、ポストカードの注文方法と価格を変更しました》

■チームみつばちの皆様方と試行錯誤で実行してきた
「歴史戦ポストカード大作戦」は、さまざまな成果がでてきていますので、
これからは動画だけでなく、徐々にブログでも報告させていただきます。

これまで2年ほどブログに画像がアップできず、発信力が落ちていましたが、
元通り画像をアップできるようになり、ブログでも情報を強力に発信しますので、
動画・ブログ・ホームページを駆使して
「明るい日本を実現」できるように邁進しますので、
新たに気分をリセットして推進します。

突っ返してきた「歴史戦ポストカード」は、いずれも「日韓歴史戦ポストカード」ですので、
在米朝鮮人がなにを焦っているのか、手にするとよくわかります。

①【朝鮮神宮にて国民精神騒動員の結団式のあと街頭行進する妓生】と
 【文原玉珠の郵便貯金台帳の写し】の解説文は
 《法と証拠に基づくポストカード:日中戦争の勝利を祈念した「結団式」を
 朝鮮神宮で開催後、ソウル市街をパレードしている「妓生」たちの姿です》
 ◆《「妓生」出身の文玉珠(日本名;文原玉珠)が、
 「戦場売春婦」としてビルマで2年6ヶ月間働いていたときの貯金額を
 記録した資料です。
 文玉珠さんは、ビルマでダイヤモンドや洋服を買った残りの
 27045円(月:約1000円)を貯金していました。
 当時、日本軍大将の月給「550円」の約2倍だったのです。
 文玉珠さんは、 
 「出身地の大邱では1000円あれば小さな家なら買える」と
 インタビューに答えていました》と、
 英文に翻訳されていてプッツンしたと思われます。
 陸軍大将の2倍以上の収入があったなど、欧米の感覚では理解できないでしょうが、
 この事実だけで欧米人は韓国人を信用しなくなるでしょう。

②【桜花爛漫】は、日本統治時代に植樹した公園の桜ですが、
 いま韓国人はワシントンポトマック河岸の桜の原産地は「韓国」との妄言を
 全米に撒き散らしていますので、この桜のポストカードが
 全米のマスメディアに発送されると相当ヤバくなると実感したのでしょう。

 このポストカードの解説は
 《法と証拠に基づくポストカード:日韓併合当時、 朝鮮半島には
 「公園」はありませんでしたが、日本は公園だけでなく、
 5000校以上の小中学校と、ノーベル賞を受賞した日本人の出身大学の
 大阪・名古屋大学より早く京城帝国大学(ソウル大学)を
 設置していました。それらの公園や学校には、
 日本が植樹した「桜」が大きく育っています。
 観光で韓国を訪れた際には、
 日韓併合時代の日本の「善政」に想いを馳せてください》と、
 記載して国際的に恥をかくようにしてあります。


③【航空機の増産に励む朝鮮女子挺身隊】は慰安婦問題の核心ですので、
 このポストカードの解説が全米に拡散されたら、朝鮮人の嘘がバレバレになります。

 このポストカードの解説は《法と証拠に基づくポストカード:朝日新聞と韓国は、
 「戦場売春婦」を「女子挺身隊」と称して、世界中に喧伝しましたが、
 写真は1945年6月当時の朝鮮半島に於ける「女子挺身隊」の姿です。
 「女子挺身隊」とは、戦時中、エリザベス女王も
 軍車両の整備に従事していたことと同じような「勤労女学生」だったのです。》と、
 解説してありますが、欧米メディアが「女子挺身隊」を「慰安婦」と批判すると
 「エリザベス女王」もそうだったのかと逆に批判されることになるように
 解説文に罠を仕掛けてあります。
 また、真実の歴史に対して欧米メディアは、
 「歴史修正主義者」等の批判を浴びせかけてきますので、
 すべてのポストカードのタイトルを【法と証拠に基づくポストカード】と、
 歴史修正主義者批判に打ち勝つ文言にしてあります。
 云わば、「ピカチュウ・カード」を例にしますと、
 歴史戦最強カードは「法と証拠に基づくポストカード」って事になるように
 タイトルをつけてあるのです。

すでに「南京終結本」を執筆し始めていますので、
今月中(4月)に体制を整えますので、
ポストカードと対訳解説書のばら蒔きは
チームみつばちさんたちにお任せしますので、宜しくお願い致します。

これらのポストカードの解説にプッツンした見境のない朝鮮系米国人に感謝致します。


■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項の2番目
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方で宛先等は
【オフィス存ホームページ】(水間政憲のホームページ)を検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。

●【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》

2018年12月12日 21:55










※【日韓歴史戦ポストカード】
①【朝鮮神宮にて国民精神騒動員の結団式のあと街頭行進する妓生】と
 【文原玉珠の郵便貯金台帳の写し】の解説文は
 《法と証拠に基づくポストカード:日中戦争の勝利を祈念した「結団式」を
 朝鮮神宮で開催後、ソウル市街をパレードしている「妓生」たちの姿です》
 ◆《「妓生」出身の文玉珠(日本名;文原玉珠)が、
 「戦場売春婦」としてビルマで2年6ヶ月間働いていたときの貯金額を
 記録した資料です。
 文玉珠さんは、ビルマでダイヤモンドや洋服を買った残りの
 27045円(月:約1000円)を貯金していました。
 当時、日本軍大将の月給「550円」の約2倍だったのです。
 文玉珠さんは、「出身地の大邱では1000円あれば小さな家なら買える」と
 インタビューに答えていました》
②【航空機の増産に励む朝鮮女子挺身隊】《法と証拠に基づくポストカード:
 朝日新聞と韓国は、「戦場売春婦」を「女子挺身隊」と称して、
 世界中に喧伝しましたが、写真は1945年6月当時の朝鮮半島に於ける
 「女子挺身隊」の姿です。
 「女子挺身隊」とは、戦時中、エリザベス女王も
 軍車両の整備に従事していたことと同じような「勤労女学生」だったのです。》
③【ビルマのミッチーナで捕虜になった朝鮮人戦場売春婦と米軍兵士】
④【旭日旗を掲げて整列している朝鮮人志願兵】と【朝鮮人志願兵】

※【日中歴史戦ポストカード】
①【南京攻略戦・江南地方;日本軍将校から菓子をもらっている中国の子供たち。1937年11月6日撮影】
②【北京天安門広場で南京陥落を祝っている中国人。1937年12月15日撮影】
③【南京中山路で日本兵と遊んでいる中国の子供たち。1937年12月20日撮影】
④【日本軍衛生班に治療されている中国軍負傷兵。1937年12月20日撮影】
⑤【南京で行われた日中両戦没者「日中共同慰霊大法会」1938年6月11日撮影】



●【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》



■韓国・中国歴史戦は、2018年12月12日を目処に終結させる目的に
『明るい日本を実現する』プロジェクトを立ち上げ、
【歴史戦ポストカードとA3解説書】を国内外に送付することを呼び掛けています。


■【1セットの内容(2000円)】

◆①『日韓歴史戦ポストカード』(慰安婦・竹島・旭日旗等-15枚:日英対訳)

※「日韓歴史戦ポストカード」は、1枚だけでも完璧に「日韓歴史戦問題」を撃破できる解説を日英対訳で記載してあります。


◆②『日中歴史戦ポストカード』(南京攻略戦報道写真23枚+尖閣地図カード1枚+明るい日本を実現する猫カード1枚:日英中対訳)


◆③『中国国土地理院1969年作製のA3尖閣地図1枚:日英中対訳』
(「尖閣」と日本名表記で外務省のホームページにアップされている尖閣地図は日本固有の領土と証明する最強の証拠です。
その地図は、2015年『Voice』2月号にスクープ
【領土問題「動かぬ証拠」中国政府は1969年まで尖閣諸島を日本領と認めていた】を
寄稿したものです。電子版あり)

※《A3クリアファイルの郵便料は、国内140円、海外約400円前後です》


◆④『南京城内の犠牲者数は「30万人」ではなく1793人に確定したA3解説文1枚:日英中対訳』
(2017年『WILL』5月号に「『南京事件』の死者数がわかった―その数1793人」を寄稿してあります。電子版で確認してください。)


■以上4種類を【1セット】として送料込みで【2000円】です。
尚:「2セット」の注文には「日韓歴史戦ポストカード」を「1セット(15枚)」プラスして発送します。


※《ポストカードは世界中どこでも70円でだせます》


■【振込み方法】■


◆送付先の名簿作製には、住所・氏名が必要になりますので、
郵便局からの振り込みが便利です。
(※ゆうちょ銀行以外の金融機関は住所・氏名の通知システムはありません)

◆下記に記載した三菱東京UFJへ送金される皆様は、
別途、住所・氏名・注文セット数と月日を必ず記載して
ハガキかFAXで送っていただくことになります。

※名簿作成には、一切パソコンを使わず手書きでしていますので、個人情報は完璧に守られます。


■【ゆうちょ銀行『電信振替』】

受取人口座番号:
記号「10090」
番号「61807841」

◆受取人なまえ「ユウゲンカイシャ オフィスゾン」

【日本郵便(ゆうちょ銀行)の窓口】で振込む場合は、
備え付けの用紙『電信振込み請求書・電信振替請求書』に、
上記と御自身の必要事項を記載されましたら、
必ず用紙の下の欄にある「受入明細通知」欄の四角の中に「1」と記入してください。


※「1」と記入されると住所と氏名が「オフィスゾン」に通知(郵送)されて来ることになっております。


■【日本郵便(ゆうちょ銀行)の『ATM』】からカードか通帳で振込む場合は。


◆受取人口座番号:記号「10090」番号「61807841」を入力し
◆「ユウゲンカイシャ オフィスゾン」が表記された後に
【通信文入れますか】と表記されましたら【はい】を押してください。
またその後の画面の【通知(郵送)のみ】を押していただくと、
「オフィスゾン」に住所と氏名が郵送されて来るようになっております。

※《尚、住所・氏名は大事な個人情報ですので、名簿は代表者の水間政憲が直接管理しますので御安心ください》

【住所・氏名の通知を忘れた方にお願い致します】

住所・氏名の通知を忘れた方は、下記のいずれかに振り込み月日を記載して送付(送信)してください。

◆〒166-0001

東京都杉並区阿佐ヶ谷北5-4-20 オフィスZON(存)水間

◆FAX番号:03-3339-7447(※午前中か午後7時以降)



■【三菱東京UFJ銀行】


◆振込先:有限会社オフィス存(ユウゲンカイシャオフィスゾン)

◆【阿佐ヶ谷支店】店番156

◆普通;口座番号1129256

◆必須:別途【住所・氏名の通知は下記に必ずお願いいたします】
《振り込み月日と申込口数を必ず記載して下記宛に通知してください》


◆【はがき】
〒166-0001
東京都杉並区阿佐ヶ谷北5-4-20 オフィスZON(存)水間

◆【ファックス】
FAX番号:03-3339-7447(※午前中か午後7時以降)


◆メールは妨害が酷くなり受信を強力に排除する設定にしましたので、
御不便をお掛けしてますが、ハガキかFAXで連絡してください。

■実際:申込みされてもお届け先がわからず発送できない方が、
いらっしゃいますので、こちらまでご一報下されば幸いです。
【はがき】
〒166-0001
東京都杉並区阿佐ヶ谷北5-4-20 オフィスZON(存)水間

【FAX番号】
03-3339-7447(※午前中か午後7時以降)



近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方で宛先等は
【オフィス存ホームページ】(水間政憲のホームページ)を検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org




■◇■水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件・全文掲載)■◆■
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。



●拡散希望【日いづる国より】水間政憲、皇統を支える120名の男系男子 [チャンネル桜H29/4/28]

2017年04月29日 01:03

●拡散希望【日いづる国より】水間政憲、皇統を支える120名の男系男子 [チャンネル桜H29/4/28]

https://www.youtube.com/watch?v=0rH72S1StWE


■司会:中山恭子(参議院議員・日本のこころ代表)
ゲスト:水間政憲(近現代史研究家・ジャーナリスト)

日本の伝統と文化を尊重し、真に国益を考える数多くの志士達が、
自らが国政に臨むことで日本再生に懸けようと奮起しています。

中山恭子先生が「ひと目でわかるシリーズ」の中でも
「出色」と評価していただき恐縮してますが、保守派国民の必携本になっています。

明日、動画の収録ですが驚いたことにも触れますので、楽しみにしていてください。


※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲


■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方で宛先等は
【オフィス存ホームページ】(水間政憲のホームページ)を検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件は全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。


●《マリーヌ・ル・ペンを極右と報道する極左反日メディア》

2017年04月27日 02:58


※写真は阿佐ヶ谷・神明宮境内


●《マリーヌ・ルペンを極右と報道する反日極左メディア》


■ル・ペン女史が率いる国民戦線を自国第1主義(極右)と
侮蔑的に報道する我が国のマスメディアは、
国民戦線の主義主張を報道せず、単なる感情論を垂れ流しています。

ル・ペン女史が訴えている政策は、
我が国の良識派保守層が共有している愛国主義なのであり、
愛国主義を「極右」と批判するマスメディアの立ち位置は、反日極左なのです。

実際、ル・ペン女史は、反ユダヤ主義発言を繰り返す父親を除名し、
バランス感覚を持ち合わせており、国籍に関しては、
米国と同じ「出生地主義」を改定して「二重国籍」の廃止を訴えています。
また、帰化に関しては、「フランスの法律や価値観、伝統・文化」を尊重して
共有を前提に認めるとしています。保守政治家として当たり前の政策なのです。

ル・ペン女史は、大統領選に勝利したときには、
「同性結婚」を廃止すると宣言しており、
どこぞのエセ保守国会議員とえらい違いですね。

そして、ル・ペン女史に一番共感できるのは、
グローバル化の欺瞞を見抜き反対していることです。

国民第1主義が極右なら、
グローバル化第1主義を「極左」と位置付けることもできますが、
国民を第1に考え、そのあとにグローバリゼーションについて考えて
バランスをとれば済むことで、人類が造り出してきた文明に
逆らうことに無理があることに、そろそろ気付くときが来ているのです。

※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲



■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方で宛先等は
【オフィス存ホームページ】(水間政憲のホームページ)を検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件は全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。